(16.08.22__更新)
■■
適当なフォントサイズでお読みください。

これらは1982年から発刊の「Pocket Weekly きらら」を中心に編集しています。
読みたいところをクリックしてください。
同業の方には、過激な発言もありますが、その節はどうぞお許しください。

■■
Menu
●なぜ「グローバー」を使うのですか ●素朴な疑問から生まれた一大改革とは?
ピアニストもコンサートでは まちがったりするの? ●「思い込み」のきけん性
●すぐ へたになるのは 私だけなの? ●まず、自分の楽譜に忠実であること
●グレードは取れますか? ●音 ヌ ケ
●コンクールに参加できますか? ●こういう聴き方はやめて
●まちがっても、自分から言わないでね ●生徒の楽譜はメモ帳じゃナイ!ってば
●ピアノをやっていて良かった . .と実感する時 ●笑顔はフェードアウトで
●だって・・お母さんが・・ ●音を低くしなさい!?
●ピアノが無くても、レッスンはできる? ボリューム「0(ゼロ)」作戦
●ああ よかった!を続けて ●学校での合唱伴奏について
●ピアニストへの道(長文です。)
私どもの青少年時代 ひみつのカキコちゃん
Omb.&AKITTYのステレオ作文→
←教室に直通メールです。