2018/07/09 21時10分 更新 ■いがらしピアノ音楽教室


終了 ●秋田県 児童会館主催
  
第10回グランドピアノふれあいコンサート

  2018年7月8日(日)
 
良い演奏ができました。( ^^)/▽☆▽\(^^ )
  ●しみず かいと ●やぎ みれい
    
●やまぐち はるな ●たか まお

■やまぐち はるな/午前の部1番(初出演)  ■やぎ みれい/午前の部2番(初出演) 
■しみず かいと/午前の部3番
(3回目)   ■たかまお/午後の部16番(初出演)

 ■数日中に演奏写真を別ページにアップ予定。


これは、発表会(コンサート)に興味がある方へのメッセージページです。

●特別情報提供
 「秋田県青少年音楽コンクール」の関係書類です。
 コンクール不参加方針の当教室には不要な情報ですが、
 興味のある方はどうぞ。pdf書類全13ページです。→■

会報きららには書けないような情報を提供します。
情報が入り次第、内容を書きかえますので、時々アクセスし
ぜひ一番下までお読み願います。
(文字は適度な大きさにしてお読み願います。A4プリントがお薦めです。)


児童会館主催 (申込終了)
  
第10回グランドピアノふれあいコンサート

  2018年7月8日(日)午前の部10時〜 午後の部14時〜

  ●開催要項(pdf書類)→    ●申込用紙(pdf書類)→
  ↑これらは、児童会館のホームページからダウンロードしたものです。
   出演したい人は、私どもに言ってください。
   アドバイスと派遣(はけん)許可をしますので。
  
●出演する生徒へ:
  ●当日使用の靴を決め、それを履いて練習すること。
   レッスンにも持ってきて。
  ●歩く練習も必要です。履き慣れてないと、変な歩き方になります。
   当日初めて靴を履くのは絶対にNGです。
   靴を決めてから、それに似合った服を決めると良いでしょう。
  ●ステージで演奏する(多くの人に見られる)には、
   それなりのマナーがあります。
  ●普段のレッスンでは、私どもは、あまり、速いテンポで
   弾くことをさせません。暗譜も強制しません。
   とにかく、スラスラ弾けるように、
   正しく譜読みができるようにと指導しています。
   では、いつマシンガンのような速い動きをさせるのかというと、
   コンサートなのです。
   同じ曲を何十、何百、何千回と練習するコンサート練習では、
   次第に楽譜が頭に入り、そして、楽譜を見ないことにより、
   指も速く動くようになるのです。
   5月中にスラスラ弾くことを第1、
   6月は、テンポアップ、表現力の強化。
   7月は、最終調整、演奏脱出訓練にあてます。

  ●書類の提出は、本人も直接会館に行きましょう。好印象を与えます。
   そして、職員に何か言われたら私に報告してください。


■いがらしピアノ音楽教室は、コンクールには不参加の方針ゆえ、
 情報提供やレッスンは行ないません。 その理由は→

 でも、コンサートの選曲には役立ちますので、
 参考までにコンクール課題曲をお見せします。→

■いがらしピアノ音楽教室は、特別な選曲はしないで、
 普段のレッスン曲から自分で選ぶ方法です。(レパートリーから各自選曲)

■今年も教室独自の発表会を開催しませんが、主に県主催の
 コンサート参加へのレッスンバックアップは行ないます。
 演奏曲目 選曲の相談にものります。
●バックアップには、歩き方、おじぎ、ピアノイスの座り方などの、
 ステージマナーも含みます。
●児童会館のコンサートは、参加料が無料ですが、
 それと同じように、いがらしピアノ音楽教室へも、
 参加料や申込金、それに講師への礼金などは要りません。
●当日、講師は会場に行きますが、引率はしません。
 生徒のそばに近寄ることもほとんどありません。
 一般客として、客席で静かに成功を祈っています。(^o^)


●おわりました ●児童会館主催 
●グランドピアノふれあいコンサート
 ●2017年7月9日(日)10時と14時
●清水快都(しみずかいと 午前の部 2番)
●伊藤杜和(いとうとわ 午前の部 12番)
●齋藤美咲(さいとうみさき 午後の部11番)
(教室のルールで、学校学年、進度、経験年数は書きません。)
●プログラム(pdf書類)


●その他、楽器店やNPO主催のコンサート参加へのバックアップも
 行ないますが、私どもは、原則として当日会場には行きません。m(_ _)m
 

●2012年の記録→   ●2013年の記録→

●2017年2月5日(日)ヤマハ秋田店にて行なわれた
「ちいさながんばりやさんのコンサート」に  
●清水快都(しみずかいと)が出演しました。その様子は→


■県民会館主催 ピアノマラソン2017
  
2017年3月19日(日)11:00〜15:30

   開催要項(pdf書類)→
 
●高松久琉美が出演しました。 
その様子は→
 
●クーラウ/ソナチネ作品55-1全2楽章 ●プログラム ●A面 ●B面
 参加費なし 定員40名 対象/小学1年から大人まで

 ★県民会館が解体されるので、今後 開催はありません。


■私どもは、どのコンサートも、書類取得や提出、
 代行、引率はいたしません。m(_ _)m
 
(書類提出の前に、確認のため、私どもにお見せ願います。)
 
なお、県主催のコンサートは申込めば必ず出られるものではなく、
 事前の書類審査や(まれに)抽選があることをご了承願います。
 毎回、当教室の生徒全員、無抽選で出演できています。
■演奏曲は、コンクールや音大 音高受験の課題曲を腕試しで
 演奏する人もたくさんいるため、演奏レベルに大分開きがあります。
■誰が申込んだかは、出演許可を得るまでは、
 このページや会報きららには書きません。

■出演を許可されてからのキャンセルは、急病や大ケガ以外はしないでください。
 主催者側に「いがらしピアノ音楽教室」の印象が悪くなりますので、
 くれぐれも慎重にお申し込み願います。


■コンサートに参加する生徒のレッスンは、その曲のテクニックの維持に
 費やされるため、新しい曲の生産がほとんど行なわれなくなります。
 曲が高度になればなるほど、キープするのが大変になります。
 (それは、スポーツでも同じですね。)
 私どもは、恩師に「人前で弾くには、10.000回練習しなさい。」と
 教わりました。
 自分の演奏の出来にあまい、ひろ〜く あさくピアノを楽しめれば良い、
 他の習い事、スポ少、部活などで多忙なひとには、コンサート参加は
 お薦めできません。
■コンサート本番では、ノーミス100点満点で演奏することは、
 大変難しく、80点ぐらいのレベルに下がるのが普通です。
 ですから、自宅やレッスン室では、それを計算して、
 ノーミス100点満点を目指しましょう。
■楽譜無しで演奏(暗譜という)するのが、写真写りも良く望ましいですが、
 強制はしません。お守り代わりとして見るのも良いでしょう。
 楽譜を使用するには、それなりのステージマナーが必要ですから、
 普段のレッスンで指導します。
 なお、当日のステージリハーサルはありません。
 試験のように、一発勝負です。
 (教室の発表会では、リハーサルはあります。)
 

■これまでのコンサートの全てが見れるページ→

 ●意味不明の点は、五十嵐秀樹までメールをください。